「ほっ」と。キャンペーン
2009年 02月 06日

火の鳥

PCエンジンはR-TYPEの大ヒットに始まってシューティングが多数リリースされたハードです。
各社からこだわりのシューティングが送りだされ、中にはトイレキッズやはにぃいんざすかいのようなイロモノも誕生しました。
そんな中で思い出したかのようにファイナルブラスター。
かなり地味な存在のナムコ発PCエンジンオリジナル縦シューです。



・ため撃ち
 自機速度とたまる早さは反比例
 障害物を貫通

・パワーアップシステム
 赤=ショットパワー
 青=オプション
 赤と青の数により攻撃が決まる。
 オプションを消費することでボム扱いできる。

・分岐システム
 赤、青、ミス数に応じて難易度分岐

こんな感じでおわかりいただるでしょうか。
世界観はSFそのもので、ボスコニアンシリーズに位置するらしいのですが、
ボスコニアンをプレイしたことがないので残念ながら僕にはコメント不可能です。

ステージ構成はバリエーション豊かで、宇宙から都市までさまざま。
ため撃ちが必要なのは主に障害物の向こうの敵を倒す時やボス戦、
またはパワー不足の段階などで、ため撃ちを用いた戦略型シューかと思いきや
意外とごり押しでも進んでいけるのが素敵です。
でも、一度死ぬと立て直せない場合に大苦戦します。
難易度は高めです。

総評としては割とまとまった佳作で悪く言えば地味なのですが、
個人的に音楽が非常にグッドです。
メロディで聞かせる骨太な曲がたくさん。
2面の曲は特に最高です。
[PR]

by The_six | 2009-02-06 01:05 | ゲーム


<< ファイアーエムブレム ジェイガンの謎      終わった・・・ >>